HOME>自動車機能安全カンファレンス>第4回 自動車機能安全カンファレンス

第4回 自動車機能安全カンファレンス

トピック

2016年12月6日、7日に行われる「第4回 自動車機能安全カンファレンス」の特別講演にて、弊社シニアディレクター 田渕 一成 が講演させて頂くことなりました。是非ご聴講ください。

また展示会場では、機能安全対応に関する無償相談会を開催します。弊社のコンサルタントが、機能安全対応に関するご相談に備えてお待ちしていますので、お気軽にお声掛けください。


講演名

工学的体系に基づく安全文化の形成
~エクスペリメンタルアプローチとエンジニアリングアプローチ~


講演概要

組織の中で安全文化を形成していくことは、安全な製品の開発を継続する上でもっとも重要なことである。本発表では、日本でこれまで行われてきた安全性を高めるための製品開発のアプローチや組織文化の概念を整理した上で、ますますの複雑化が見込まれる今後の車載システム開発に求められるアプローチと安全文化の形成について提案する。


講演者プロフィール

田渕 一成 (たぶち かずなり) コンサルティング事業部 シニアディレクター
田渕 一成 (たぶち かずなり)

2007年よりビジネスキューブ・アンド・パートナーズにて、ISO 26262やAutomotive SPICEを活用した車載システムの品質、安全性の向上に関する支援や人材育成に従事。intacs認定プリンシパルアセッサー、intacs認定インストラクター


サイト紹介

第4回 自動車機能安全カンファレンス
『自動運転に向けた機能安全・セキュリティ技術の最前線』
URL:https://www.impressbm.co.jp/event/afsc201612/


講演資料ダウンロード入力フォーム

以下のフォームにご記入ください。
ご記入されたメールアドレスへ、資料ダウンロード先のご案内メールを送信いたします。


※Yahoo!やGoogle等のフリーメールは使用できません。
To TOP