--------------------------------------------- http://biz3.co.jp/------------ 【Biz3マガジン】2012年1月号 ◆”State of the art”の意味◆ ---------------------------------------------------------------------------- 発信日◇2012年1月27日(金) 発信元◇ビジネスキューブ・アンド・パートナーズ株式会社 ==<<目次>>============================== 【1】<> 今月のキーワード:『”State of the art”の意味』 【2】<> 2012年2月以降のトレーニング 【3】<> Automotive SPICE のeラーニング販売中 ====================================== ---------------------------------------------------------------------------- 【1】<> 今月のキーワード:『”State of the art”の意味』 ---------------------------------------------------------------------------- 最近、”State of the art”という言葉が良く聞かれるようになりました。 ただ、この言葉が正しく使われていない、もしくは正しく理解されていない場合が見 受けられます。 今回のメールマガジンでは、”State of the art”の持つ意味についてご紹介したい と思います。 ”State of the art”を辞書などで調べると、直接的な意味として”最新技術”とい う説明が出てくると思います。 安全の分野においては、最大限の努力によって実現し得る最良の技術や対策によって 安全性を確保すべきという考え方があり、ここに”State of the art”という言葉が 使われています。 つまり、「どこまで安全性を高めれば安全と言えるのでしょうか。」という問いに対 する答えが”State of the art”であると言えます。 それでは、安全のためにはいくらコストがかかっても実現し得る最新の安全技術、 手法を導入するべきなのでしょうか。 ”State of the art”をこのような意味で理解される方もいらっしゃいますが、 この解釈は正しくありません。 安全や人の命に対する考え方や価値観は、全世界共通のものではないからです。 残念ながら、経済的に豊かではない社会においては、安全そのものの価値が低く、 安全よりも経済的な豊かさを求める現実があります。 安全の思想は、社会が成熟していく中で、経済的豊かさを手に入れた次の価値とし て形成されていったものであるとも言えますが、安全にどれだけの労力やコストを かけるべきであるかということは、その時点での社会の評価によって決まります。 その社会の評価に基づいて様々な基準や規格、さらには規制や法令が作られ、安 全の水準が維持されていきます。 この安全の水準としても”State of the art”という言葉が使われますが、これは 守るべき最低ラインという意味で捉えるべきものです。 メーカーは、適切な価格を維持できる現実的な範囲における最大限の努力によって、 製品の安全性を確保する責任を持つと同時に、ユーザーに対して製品の安全性と残 留リスク(※)を説明する責任を持ちます。同様に、メーカーから開発を委託された サプライヤーは、メーカーに対する説明が求められますし、メーカーはサプライヤー の開発結果も含めて製品の責任を持つこととなります。 製品の安全性と残留リスクを正当に主張するためには、体系的な安全管理が行われ ていることが前提となります。 一般的に、安全における責任には、実行責任、管理責任、説明責任の要素が含まれ、 ISO 26262の中もこれらの考え方が反映されています。 ISO 26262が適用される車載システムの開発に当てはめると、実行責任とは、開発 を行う側が負う責任であり、実施すべきことをやり遂げるというものです。管理責任 は、実施すべきことを保証する責任です。もう一つの説明責任は、実施結果に 安全上の問題がない、もしくはリスクが十分に低いことを伝える、さらには、残留 リスクを伝える責任です。 また、「ISO 26262が”State of the art”になった」という表現も聞かれるように なりましたが、ISO 26262は車載システムの安全性を主張するための基本的な体系で あり、安全の責任を果たす上で極めて重要なアプローチであると言えます。 ISO 26262において、”State of the art”を「安全の責任を果たすために必要な 最低ライン」という意味で捉え、安全を明確に主張していくべきではないで しょうか。 ※残留リスク:リスク対応の後に残っているリスクを残留リスクと呼びます。 ---------------------------------------------------------------------------- 【2】<> 2012年2月以降のトレーニング  ---------------------------------------------------------------------------- 2012年1月以降にBiz3本社で実施するセミナー、トレーニングのスケジュール は以下の通りです。お早めにお申込ください。 ◆アセッサー育成支援コース 2012年4月2日(月)~5日(木):内部アセッサートレーニング 2012年4月2日(月)~6日(金):iNTACS認定 Provisional アセッサートレーニング 詳しくはこちらをご覧ください。 http://biz3.co.jp/seminar ---------------------------------------------------------------------------- 【3】<> Automotive SPICE のeラーニング発売開始 ---------------------------------------------------------------------------- Automotive SPICEのトレーニングコースが、株式会社システム・テクノロジー・アイ よりeラーニングコースとして発売されています。コースの詳細情報とお申込みにつ きましては、以下のサイトを御覧ください。 ・発売中のコース iStudy for Automotive SPICE プロセストレーニング(ベーシック) iStudy for Automotive SPICE プロセス-能力レベル1-(管理・支援系プロセス) iStudy for Automotive SPICE プロセス-能力レベル1-(システム系プロセス) iStudy for Automotive SPICE プロセス-能力レベル1-(ソフトウェア系プロセス) ・2月発売予定のコース iStudy for Automotive SPICE プロセストレーニング-能力レベル2- iStudy for Automotive SPICE プロセストレーニング-能力レベル3- ・コースの詳細情報とお申込み http://www.systech-i.co.jp/www/cms/elearning/ ★次回は2月10日(金)の発行を予定しています。 **************************************************************************** * 発行元:ビジネスキューブ・アンド・パートナーズ株式会社 http://biz3.co.jp/ 〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-13-1 フジキカイ広尾ビル5階 TEL: 03-5791-2121(代表)    FAX: 03-5791-2122 **************************************************************************** * ★本メールは、Biz3のイベントやセミナーにご参加・ご登録頂き、お知らせをお送り することにご了承頂いた方、メールマガジンの申込みをされた方、または弊社関係者 がご挨拶し名刺交換をさせて頂いた方にお送りしております。 ★配信のお申込みはこちらからお願いします。 http://biz3.co.jp/new/magazine/request ★配信停止、配信アドレス変更、削除などは、このメールへの返信でご依頼くださ い。 その際は、タイトルにその旨をお書きください。 メールあて先:magazine@biz3.co.jp ★その他ご不明な点はこちらからお問い合せください。 http://biz3.co.jp/inquiry