------------------------------------------------- http://biz3.co.jp/ ------- 【Biz3マガジン】2012年6月号 ◆『プロセス改善の目的は何ですか?』◆ ---------------------------------------------------------------------------- 発信日◇2012年6月29日(金) 発信元◇ビジネスキューブ・アンド・パートナーズ株式会社 ==<<目次>>============================== 【1】<>『ISO 26262 実践セミナー(入門編)』7/13(金)開催 【2】<> 今月のキーワード:『プロセス改善の目的は何ですか?』 【3】<> 2012年7月以降のトレーニング 【4】<> Automotive SPICE のeラーニング販売中 ====================================== ---------------------------------------------------------------------------- 【1】<> 『ISO 26262 実践セミナー(入門編)』7/13(金)開催 ---------------------------------------------------------------------------- 『ISO 26262実践ガイドブック[入門編]』の発行と連動して、日経Automotive Technology主催の機能安全の基礎と規格の考え方を学ぶ『ISO 26262 実践セミナー (入門編)』が開催されます。ISO 26262の理解を深めたい方はぜひご参加ください。 ◆セミナーの情報(日経BP社のページ) http://techon.nikkeibp.co.jp/article/SEMINAR/20120615/223252/ ---------------------------------------------------------------------------- 【2】<> 今月のキーワード:『プロセス改善活動の目的は何ですか?』 ----------------------------------------------------------------------------  今回のメールマガジンでは、プロセス改善の目的について考えてみたいと思います。 皆さんがプロセス改善を行う目的は何でしょうか。ISO 26262やAutomotive SPICEに 対応しようという思いからか、最近は「第三者認証の取得」や、「Automotive SPICE のレベル達成」を目的とする回答が多くなっていることが気がかりです。同時に、 「最短で対応する方法を教えてほしい」、「この技法を実施すればASIL Dになります か」などの質問もよくあります。これらは本当にプロセス改善の目的でしょうか。  もちろん、取引条件などのビジネス的な理由から「早期の対応」が求められる場合も あります。  しかしながら、規格を参照しそれに対応することは、目的ではなく、あくまでも手段 ではないでしょうか。プロセス改善の本当の目的は、安全で高品質な製品を確実に開 発することのできる仕組みの定着にあるはずです。  実は、規格の要求事項を満たしたプロセスを構築するのはとても簡単なことです。 ある程度規格に精通した方がいれば、いとも簡単に規格の要求事項を反映させたプロ セスを構築できます。しかし、そのプロセスは、組織にとって有益でしょうか。  プロセスを構築することは簡単であると書きましたが、プロセスは組織の方針や目 標、目的によっていかようにでも作れます。逆に言えば、組織の方針、目標、目的が なければ本来のプロセスを構築することはできません。  ISO 26262やAutomotive SPICEへの対応を急がれる中、今一度立ち止まって、プロセ ス改善の目的を考えてみてはいかがでしょうか。 ---------------------------------------------------------------------------- 【3】<> 2012年7月以降のトレーニング ----------------------------------------------------------------------------  2012年7月以降に実施するセミナー、トレーニングのスケジュールは以下の通りです。 お早めにお申込ください。 ◆アセッサー育成支援コース  2012年7月30日(月)~8月2日(木):Automotive SPICE 内部アセッサートレーニング  2012年7月30日(月)~8月3日(金):intacs認定 Provisional アセッサートレーニング  2012年11月5日(月)~8日(木):Automotive SPICE 内部アセッサートレーニング  2012年11月5日(月)~9日(金):intacs認定 Provisional アセッサートレーニング  2013年3月4日(月)~7日(木):Automotive SPICE 内部アセッサートレーニング  2013年3月4日(月)~8日(金):intacs認定 Provisional アセッサートレーニング ◆詳しくはこちらをご覧ください。 http://biz3.co.jp/training/ ---------------------------------------------------------------------------- 【4】<> Automotive SPICE のeラーニング販売中 ----------------------------------------------------------------------------  Automotive SPICEのトレーニングコースが、株式会社システム・テクノロジー・アイ よりeラーニングコースとして販売されています。  コースの詳細情報とお申込みにつきましては、以下のサイトをご覧ください。 ・販売中のコース  iStudy for Automotive SPICE プロセストレーニング(ベーシック)  iStudy for Automotive SPICE プロセス-能力レベル1-(管理・支援系プロセス)  iStudy for Automotive SPICE プロセス-能力レベル1-(システム系プロセス)  iStudy for Automotive SPICE プロセス-能力レベル1-(ソフトウェア系プロセス)  iStudy for Automotive SPICE プロセストレーニング-能力レベル2-  iStudy for Automotive SPICE プロセストレーニング-能力レベル3- ◆コースの詳細情報(株式会社システム・テクノロジー・アイのページ) http://www.systech-i.co.jp/www/cms/partner/index.html ************************************************************************** 発行元:ビジネスキューブ・アンド・パートナーズ株式会社 http://biz3.co.jp/ 〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-13-1 フジキカイ広尾ビル5階 TEL: 03-5791-2121(代表)    FAX: 03-5791-2122 *************************************************************************** ★本メールは、Biz3のイベントやセミナーにご参加・ご登録頂き、お知らせをお送り することにご了承頂いた方、メールマガジンの申込みをされた方、または弊社関係者 がご挨拶し名刺交換をさせて頂いた方にお送りしております。 ★配信停止、配信アドレス変更、削除などは、このメールへの返信でご依頼くださ い。 その際は、タイトルにその旨をお書きください。 メールあて先:magazine@biz3.co.jp ★その他ご不明な点はこちらからお問い合せください。 http://biz3.co.jp/contact/