--------------------------------------------- http://biz3.co.jp/ ----------- 【Biz3マガジン】2013年9月号 ---------------------------------------------------------------------------- 発信日◇2013年9月27日(金) 発信元◇ビジネスキューブ・アンド・パートナーズ株式会社 ==<<目次>>============================== 【1】今月のキーワード   『第2回自動車機能安全国際シンポジウム』速報 【2】ISO 26262 機能安全トレーニングのご案内   10月24-25日, 11月21-22日 愛知県刈谷市にて開催 【3】アセッサートレーニングのご案内   intacs認定Automotive SPICE Competentアセッサートレーニング受付中 【4】ガイドブック販売のご案内   『ISO 26262実践ガイドブック[ソフトウエア開発編] 』特別価格でご提供中 【5】編集後記 ====================================== ---------------------------------------------------------------------------- 【1】今月のキーワード   『第2回自動車機能安全国際シンポジウム』速報 ----------------------------------------------------------------------------  今週9月25~26日に、中国・上海にて、第2回自動車機能安全国際シンポジウム (中国語タイトル:第二届道路車両功能安全標準及応用国際研討会(2013))が 開催されました。  シンポジウムの冒頭では、機能安全規格に関する中国国内の規格策定目標や、 スケジュール等が発表されていました。主な内容は以下のとおりです。  ・機能安全要件の把握とISO 26262の国内規格(GB)のまとめ(2013~2015年)  ・機能安全規格の各パートのガイドラインを策定(2014~2016年)  ・ASIL(自動車用安全度水準)のレべリングのガイドライン策定(2015~2018年)  一年前に同シンポジウムで発表されていた内容が、より具体化され、かつ計画として 落とし込まれたようです。 このように、今後、中国での機能安全に関する取り組みが、更に加速していくことが 予想されます。  続いて、地元中国や日本、欧州の自動車メーカー、サプライヤー、そして認証機関や コンサルティング会社による事例発表が行われました。各社の発表内容の詳細については、 本メールマガジンでは触れませんが、中には非常に実践的な事例発表もあり、質疑応答も 大きな盛り上がりを見せていました。  また、発表事例に対する質問などから、機能安全に対する取り組みが積極的に検討 され始めている様子も伺えました。  弊社も、機能安全対応を進める上での勘所を、事例に基づいて紹介させていただき ました。組織として安全文化を定着させるために考慮すべきポイントを解説したところ、 多くの方からトレーニング開催や書籍出版等のご要望をいただき、機能安全への関心 の高さを改めて感じました。  このように、機能安全対応を推進されている立場の方々と直接お話をするなかで、 より本質的なISO 26262の取り組みを目指している方が多いと感じました。  日本と中国それぞれの開発現場における考え方や文化の違いについては、我々も日頃の コンサルティング業務を通じて少なからず感じております。それぞれの考え方や組織文化 に対応した適切なアプローチとは何なのか、今後のメールマガジンで、もう少し詳しく ご紹介していきたいと思います。 ---------------------------------------------------------------------------- 【2】ISO 26262 機能安全トレーニングのご案内   10月24-25日, 11月21-22日 愛知県刈谷市にて開催 ----------------------------------------------------------------------------  皆様からたくさんのご要望を頂いておりましたソフトウエア開発エンジニアの方向け の以下の4つのISO 26262機能安全トレーニングを愛知県刈谷市で一般開催いたします。 皆様の関心や業務に合ったトレーニングをお選びいただければ幸いです。 【機能安全概論トレーニング~ISO 26262 の全体像~】 ・日時:10月24日(木) 10:30~16:30 ・内容:「具体的にどの章のどの部分の要求事項が自社に関係するのか」、「なぜ      そのような対応が必要になるのか」、また「どのような分析が必要に      なるのか」という点を理解していただけるように解説します。 ・会場:刈谷市産業振興センター(JR刈谷駅より徒歩3分) ・参加費:3.5万円(税別)/1名様 【機能安全プロセストレーニング~ソフトウエア編~】 ・日時:10月25日(金) 10:30~16:30 ・内容: ISO 26262 Part6で規定されているソフトウエア開発関連活動に対する概略や、 活動実施のための手法、技法等を解説します。 ・会場:刈谷市産業振興センター(JR刈谷駅より徒歩3分) ・受講費用:3.5万円(税別)/1名様 【セーフティコンセプトトレーニング~ソフトウエア編~】 ・日時:11月21日(木) 10:30~16:30 ・内容:ISO 26262 Part3、Part6 を中心として機能安全に関する活動を実行する際に      基盤となる重要事項を解説します。 ・会場:刈谷市産業振興センター(JR刈谷駅より徒歩3分) ・受講費用:3.5万円(税別)/1名様 【設計技法トレーニング~ソフトウエア編~】 ・日時:11月22日(金) 10:30~16:30 ・内容:ISO 26262 Part6で要求される技法/手法を体系的に解説します。 ・会場:刈谷市産業振興センター(JR刈谷駅より徒歩3分) ・受講費用:3.5万円(税別)/1名様 詳細についてはこちら http://www.biz3.co.jp/training/course02.html お申し込みはこちら http://www.biz3.co.jp/contact/ ※3名様以上で一括申し込みの場合はボリュームディスカウントがございます。 ---------------------------------------------------------------------------- 【3】アセッサートレーニングのご案内 intacs認定Automotive SPICE Competentアセッサートレーニング 11月開催 ---------------------------------------------------------------------------- 11月25日からintacs認定Automotive SPICE Competentアセッサートレーニング を開催いたします。既にAutomotive SPICE Provisional アセッサーの資格をお持ちの 方は、アセッサー資格のステップアップの機会として、是非、受講をご検討ください。 【intacs認定 Automotive SPICE Competent アセッサートレーニング】 [講義]英語(通訳あり)/ [テキスト]日本語 2013年11月25日~29日(5日間)、東京・恵比寿 2014年2月3日~7日(5日間)、愛知 【intacs認定 Automotive SPICE Provisional アセッサートレーニング】 [講義]日本語 / [テキスト]日本語 2013年12月2日~6日(5日間)、東京・恵比寿 2014年2月24日~28日(5日間)、東京・恵比寿 【Automotive SPICE 内部アセッサートレーニング】 [講義]日本語 / [テキスト]日本語 2013年12月2日~5日(4日間)、東京・恵比寿 2014年2月24日~27日(4日間)、東京・恵比寿 詳細とお申し込みはこちら http://biz3.co.jp/training/ ---------------------------------------------------------------------------- 【4】ガイドブック販売のご案内 『ISO 26262実践ガイドブック[ソフトウエア開発編] 』特別価格でご提供中 ---------------------------------------------------------------------------- 弊社Webサイトでは、『ISO 26262ガイドブック[ソフトウエア開発編] 』を特別価格で ご提供しておりますので、ご購入を検討されている方は是非ご利用ください。 また、『Automotive SPICE実践ガイドブック[改訂版] 』とのセットも特別価格でご用意 しております。是非、この機会にご検討下さい。 ■特別価格(税別、送料無料) 1冊:10,000円(定価) 2冊:19,000円(お値引き:5%) 3冊:27,000円(お値引き:10%) 4冊以上:(お問合せください) ■『ISO 26262ガイドブック[ソフトウエア開発編] 』と『Automotive SPICE実践 ガイドブック[改訂版] 』のセット(税別、送料無料) 1セット:12,000円(お値引き:20%) 2セット:23,000円(お値引き:23%) 3セット:33,000円(お値引き:26%) 4セット以上:(お問合せください) ガイドブックの詳細とご購入はこちら http://biz3.co.jp/publications/ --------------------------------------------------------------------------- 【5】編集後記 --------------------------------------------------------------------------- 今年に入り、車載システムのセキュリティに関するお話をいろいろなところで お聞きするようになってきました。弊社のメールマガジンでは、今後、車載システム のセキュリティに関する話題もお届けできればと考えております。 **************************************************************************** 発行元:ビジネスキューブ・アンド・パートナーズ株式会社 http://biz3.co.jp/ 〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-13-1 フジキカイ広尾ビル5階 TEL: 03-5791-2121(代表)    FAX: 03-5791-2122 **************************************************************************** ★本メールは、Biz3のイベントやセミナーにご参加・ご登録頂き、お知らせをお送り することにご了承頂いた方、メールマガジンの申込みをされた方、または弊社関係者 がご挨拶し名刺交換をさせて頂いた方にお送りしております。 ★配信のお申込みはこちらからお願いします。 http://biz3.co.jp/mailmag/form.html ★配信停止、配信アドレス変更、削除などは、このメールへの返信でご依頼くださ い。 その際は、タイトルにその旨をお書きください。 メールあて先:magazine@biz3.co.jp ★その他ご不明な点はこちらからお問い合せください。 http://biz3.co.jp/contact/