国内外サプライヤの管理を
上⼿くできるようにしたい
SERVICE CASES
概要
発注側が主導的且つより円滑に製品開発を⾏うために、国内外のサプライヤを管理するための仕組みを構築したい。技術的要件だけでなく、管理要件・法的要件を明確にし、サプライヤ選定から評価、受け⼊れまでを包含した仕組みを運営することで、QCDの向上を図りたい。
解決策一覧
  • 国内外のサプライヤを管理する仕組みを構築・運営する
  • サプライヤのプロセス能力を評価する
  • 海外サプライヤとのコミュニケーションを円滑に⾏う
お問い合わせはこちら