出版物のご紹介

PUBLICATION

Automotive SPICE 3.1
実践ガイドブック [入門編]*PDF版 ~概要・管理支援・
ソフトウエアエンジニアリング~

本ガイドブックでは、[概要]、[管理・支援]、[ソフトウエアエンジニアリング]を1冊にまとめたものです。個別にご購入されるよりも安い価格で提供しております。
 
[概要]
 本書では、Automotive SPICEのこれまでの経緯や動向を紹介した上で、車載システム開発に求められるプロセス改善のアプローチをわかりやすく解説しています。
 また、Automotive SPICEの構造や能力レベルの概念、そしてAutomotive SPICE V3.0以降で導入された主要なコンセプトについて詳しく解説しています。
 本書は、Automotive SPICEの概要を理解したい方や、これからプロセス改善に取り組まれる方に最適な一冊となっております。

 
[管理・支援]
 本書は、管理系、支援系の主要なプロセスの能力レベル1、能力レベル2に焦点を当て、個人で取り組むべき活動、プロジェクトで取り組む活動を詳細に解説しています。
 本書の対象プロセスは以下の6プロセスとなります。
・MAN.3 プロジェクト管理
・ACQ.4 サプライヤー監視
・SUP.1 品質保証
・SUP.8 構成管理
・SUP.9 問題解決管理
・SUP.10 変更依頼管理

 
[ソフトウエアエンジニアリング]
 本書は、ソフトウエアエンジニアリング系の主要なプロセスの能力レベル1、能力レベル2に焦点を当て、個人で取り組むべき活動、プロジェクトで取り組む活動を詳細に解説しています。
 本書の対象プロセスは以下の6プロセスとなります。
・SWE.1 ソフトウエア要件分析
・SWE.2 ソフトウエアアーキテクチャ設計
・SWE.3 ソフトウエア詳細設計およびユニット構築
・SWE.4 ソフトウエアユニット検証
・SWE.5 ソフトウエア統合および統合テスト
・SWE.6 ソフトウエア適格性確認テスト

ビジネスキューブ・アンド・パートナーズ著
  • 発行元日経BP社
  • 発行日 2019年08月30日
  • 定価7,000円(税別)
【注意事項】
・本ガイドブックは、PDF版での販売となります。
・PC等の電子機器でのみ閲覧でき、印刷はできません。
・本PDFは、共有サーバー等への保存が禁止されています。
・同一のガイドブックPDF版を複数冊ご購入の場合、以下のボリュームディスカウント価格が適用されます。
  ・11-20冊:5%引き ・21-30冊:10%引き ・31冊以上:15%引き
・印刷製本版のガイドブックをご希望の方は別途ご相談ください。
目次のご紹介


【概要】
1. Automotive SPICEの概要
1.1. Automotive SPICE誕生の経緯、および最新情報
1.2. 改善活動の基本的な考え方
1.2.1. 改善活動のマネジメントのためのPDCAサイクル
1.2.2. 段階的な目標設定の考え方
1.3. 車載システム開発における改善活動のアプローチ
1.3.1. 改善活動の失敗事例とその要因
1.3.2. 改善活動に対する期待事項
1.3.3. Biz3が推奨する改善アプローチ

 
2. Automotive SPICEの基本的な構造と活用方法
2.1. Automotive SPICEの基本的な構造
2.2. Automotive SPICE プロセス参照モデル(PRM)の概要
2.3. Automotive SPICE プロセスアセスメントモデル(PAM)の概要
2.4. プロセスアセスメントモデルの詳細①(プロセス座標)
2.5. プロセスアセスメントモデルの詳細②(能力座標)
2.6. プロセスアセスメントモデルの詳細③(評定)
2.6.1. プロセス属性に対する評定
2.6.2. 能力レベルの評定
2.7. Automotive SPICE 3.1の主要コンセプト
2.7.1. プラグインコンセプトの導入
2.7.2. 設計系プロセスとテスト系プロセスの1対1対応
2.7.3. 用語の変更(エレメント、コンポーネント、ユニット、アイテム)
2.7.4. 双方向トレーサビリティと一貫性の概念の分離
2.7.5. 合意、要約、伝達の概念の明確化
2.7.6. 評価、検証基準、遵守の保証の概念の明確化
2.7.7. 戦略と計画の関係性

 


【管理支援】
3. 本書の活用方法
3.1. 本書で解説するプロセスの範囲
3.2. 能力レベル1から3に関するプロセスアセスメントモデルの要約
3.2.1. 能力レベル1
3.2.2. 能力レベル2
3.2.3. 能力レベル3
3.3. 本書の活用方法

 
4. 管理・支援系プロセスの詳細解説
4.1. MAN.3 プロジェクト管理
4.1.1. 「プロジェクト管理」に関するプロセスアセスメントモデルの要約
4.1.2. 能力レベル1に関する主な活動
4.1.3. 能力レベル2に関する主な活動
4.1.4. セルフチェックリスト:プロジェクト管理
4.2. ACQ.4 サプライヤー監視
4.2.1. プロセスアセスメントモデルの要約
4.2.2. 能力レベル1に関する主な活動
4.2.3. 能力レベル2に関する主な活動
4.2.4. セルフチェックリスト:サプライヤー監視
4.3. SUP.1 品質保証
4.3.1. プロセスアセスメントモデルの要約
4.3.2. 能力レベル1に関する主な活動
4.3.3. 能力レベル2に関する主な活動
4.3.4. セルフチェックリスト:品質保証
4.4. SUP.8 構成管理
4.4.1. プロセスアセスメントモデルの要約
4.4.2. 能力レベル1に関する主な活動
4.4.3. 能力レベル2に関する主な活動
4.4.4. セルフチェックリスト:構成管理
4.5. SUP.9 問題解決管理
4.5.1. プロセスアセスメントモデルの要約
4.5.2. 能力レベル1に関する主な活動
4.5.3. 能力レベル2に関する主な活動
4.5.4. セルフチェックリスト:問題解決管理
4.6. SUP.10 変更依頼管理
4.6.1. プロセスアセスメントモデルの要約
4.6.2. 能力レベル1に関する主な活動
4.6.3. 能力レベル2に関する主な活動
4.6.4. セルフチェックリスト:変更依頼管理

 


【ソフトウエアエンジニアリング】
3. 本書の活用方法
3.1. 本書で解説するプロセスの範囲
3.2. 能力レベル1から3に関するプロセスアセスメントモデルの要約
3.2.1. 能力レベル1
3.2.2. 能力レベル2
3.2.3. 能力レベル3
3.3. 本書の活用方法

 
5. ソフトウエアエンジニアリング系プロセスの詳細解説
5.1. SWE.1 ソフトウエア要件分析
5.1.1. プロセスアセスメントモデルの要約
5.1.2. 能力レベル1に関する主な活動
5.1.3. 能力レベル2に関する主な活動
5.1.4. セルフチェックリスト:ソフトウエア要件分析
5.2. SWE.2 ソフトウエアアーキテクチャ設計
5.2.1. プロセスアセスメントモデルの要約
5.2.2. 能力レベル1に関する主な活動
5.2.3. 能力レベル2に関する主な活動
5.2.4. セルフチェックリスト:ソフトウエアアーキテクチャ設計
5.3. SWE.3 ソフトウエア詳細設計およびユニット構築
5.3.1. プロセスアセスメントモデルの要約
5.3.2. 能力レベル1に関する主な活動
5.3.3. 能力レベル2に関する主な活動
5.3.4. セルフチェックリスト:ソフトウエア詳細設計およびユニット構築
5.4. SWE.4 ソフトウエアユニット検証
5.4.1. プロセスアセスメントモデルの要約
5.4.2. 能力レベル1に関する主な活動
5.4.3. 能力レベル2に関する主な活動
5.4.4. セルフチェックリスト:ソフトウエアユニット検証
5.5. SWE.5 ソフトウエア統合および統合テスト
5.5.1. プロセスアセスメントモデルの要約
5.5.2. 能力レベル1に関する主な活動
5.5.3. 能力レベル2に関する主な活動
5.5.4. セルフチェックリスト:ソフトウエア統合および統合テスト
5.6. SWE.6 ソフトウエア適格性確認テスト
5.6.1. プロセスアセスメントモデルの要約
5.6.2. 能力レベル1に関する主な活動
5.6.3. 能力レベル2に関する主な活動
5.6.4. セルフチェックリスト:ソフトウエア適格性確認テスト

 

ご購入お申し込み