一般開催トレーニング
PUBLIC TRAINING
【無償】機能安全エンジニアリング課題解決支援セミナー

【概要】
自動車産業に新規参入するためISO 26262に取り組まなければならない、ISO 26262に取り組み始めたが手が進まない、ISO 26262の実践において課題があり困っている、そのような課題を持たれている方を対象に、機能安全エンジニアリング課題解決支援コースを開設いたします。

本セミナーでは、機能安全エンジニアリング課題解決支援コースのご紹介を兼ねて、実践のためのポイントや弊社支援事例を、開発現場で実践してきた講師がご紹介していきます。実践現場の課題解決の糸口が得られるよう奮ってご参加ください。

【背景】
機能安全エンジニアリング課題解決支援コースは、実践できるようになるまでの近道を示すことを目的として開設いたします。

2011年11月にISO 26262 第1版が発行され、8年が経過しようとしています。また2018年12月には第2版が発行されました。
自動車産業においては100年に1度の変革期を迎え、新たなビジネスチャンスを創出しようと自動車産業へ参入されてきた企業の方が増えてきております。自動車産業における電子電気システム向けの安全規格であるISO 26262は、完成車メーカーより当然のように適用を求められる規格ですが、抽象的な記述が多く解釈が難しいのが事実です。
第1版が発行された当時は日本国内でも、規格の共通理解を得るための業界団体活動が盛んでしたが、現在ではほとんどそういった活動はありません。(第2版の解釈やSOTIFなど次の話題に移行しています)
また「安全の基礎知識」について体系的に学ぶ場が日本国内にないことも機能安全規格の実践を難しくしている要因だと思われます。

  • 受付状況
    期 間
    時 間
    場 所
    お申し込み
  • 2019年10月25日
    14:00~16:30
    東京・恵比寿
    お申し込み
費用 無料

■コンサルティング業務に携わる方が本セミナーの受講をご希望される場合は、別途ご相談ください。

■各社2名様までの参加とさせていただきます。複数部署からのご参加等につき3名様以上ご希望の場合は、別途ご相談ください。
アジェンダ(要旨のみ) 課題解決支援セミナー 
■機能安全エンジニアリング課題解決支援コースのご紹介
■実践のためのポイント解説
 安全の基本アプローチ(入門トレーニングより抜粋)
 ASILの特性(スキルアップトレーニングより抜粋)
 安全論証とは?(スキルアップトレーニングより抜粋)
■Biz3支援事例のご紹介
主な対象者 ■ISO 26262にこれから取り組まれる方
■取り組みはじめて課題をお持ちの方
所要時間 2.5時間
  • intacs 認定
    アセッサー育成支援コース
    開催要綱&日程はこちら
    Automotive SPICE に基づくプロセス改善活動や、ISO 26262 対応の一環で安全文化の構築および定着化を推進する方が、業界標準となる知識の習得を目指すと共に、認定アセッサーとして社内外で活動するために有効なトレーニングコースです。貴社にてプライベート開催も実施可能です。
  • リードアセッサー
    育成支援コース
    開催要綱&日程はこちら
    リードアセッサー(intacs 認定 Competent アセッサー、内部監査員)になり、Automotive SPICE に基づいたアセスメントや社内監査をリードできるようになりたいと考えている方に最適なトレーニングコースです。貴社にてプライベート開催も実施可能です。
  • Automotive
    SPICE 実装支援コース
    開催要綱&日程はこちら
    開発プロジェクトを指揮するリーダーや、プロジェクトメンバーとしてシステム開発、ソフトウェア開発を担当される方に求められる様々な技術、管理手法、プロセスを体系的に習得することが可能なトレーニングコースです。貴社にてプライベート開催も実施可能です。
  • ISO 26262
    機能安全実装支援コース
    開催要綱&日程はこちら
    車載ECUシステム開発(システム/ハードウェア/ソフトウェア)を担当するエンジニアが、これから ISO 26262 に対応した安全設計を実施して行くために必要な基礎知識の習得に有効なトレーニングコースです。貴社にてプライベート開催も実施可能です。
  • DO-178C(航空分野向け)
    実装支援コース
    開催要綱&日程はこちら
    DO-178Cへの準拠が要求されるソフトウェア製品開発プロジェクトを指揮するリーダーやプロセス改善メンバーが、新規にプロセス構築するため、または、既存プロセスをDO-178Cの目的を満たすように適合させるためのアプローチを習得することが可能なトレーニングコースです。貴社にてプライベート開催も実施可能です。
  • 品質マネジメントシステム
    実践支援コース
    開催要綱&日程はこちら
    品質マネジメントシステムを管理されている方が、IATF16949の要求事項に関する基礎知識の習得に有効なトレーニングコースです。