一般開催トレーニング
PUBLIC TRAINING
ソフトウェア開発プロセス構築セミナー(航空分野)

~ソフトウェアエンジニアリング編~
 民間航空機に搭載される装備品のソフトウェア開発プロジェクトに、安全規格DO-178Cが国際的に適用されています。規格を読むと、プロセスは既に構築されていることが前提で、安全設計、不具合の検出に対する目的や活動の要求が定義されています。これからDO-178C準拠のプロセスを構築する場合、または既存のプロセスを改善する場合、どの程度改善すれば準拠できたといえるか、何ができていれば良いかの基準を、規格文章から読み解くことは困難です。
 本セミナーでは、自動車搭載組込みシステムの開発プロセス構築で標準的に適用されているAutomotive SPICEを活用して、DO-178C準拠のプロセスを構築する方法について、ソフトウェア開発と検証、それらの活動に付随する形態管理プロセスを対象に解説します。

  • 受付状況
    期 間
    時 間
    場 所
    お申し込み
  • 2019年10月08日
    13:30-17:00
    東京・恵比寿
    お申し込み
費用 無料

■コンサルティング業務に携わる方が本セミナーの受講をご希望される場合は、別途ご相談ください。
アジェンダ(要旨のみ) ■ Automotive SPICEの概要
■ Automotive SPICEを活用したDO-178Cに対するギャップの抽出
 - ケース1:開発プロセス
 - ケース2:検証プロセス
 - ケース3:形態管理プロセス
主な対象者 ■ これから社内でDO-178C認証プロジェクトを計画されている方(プロジェクトリーダー)
■ プロジェクトで、ソフトウェア開発、検証を担当されている方
■ 社内でプロセス改善を担当されている方(SEPGメンバー)
  • intacs 認定
    アセッサー育成支援コース
    開催要綱&日程はこちら
    Automotive SPICE に基づくプロセス改善活動や、ISO 26262 対応の一環で安全文化の構築および定着化を推進する方が、業界標準となる知識の習得を目指すと共に、認定アセッサーとして社内外で活動するために有効なトレーニングコースです。貴社にてプライベート開催も実施可能です。
  • リードアセッサー
    育成支援コース
    開催要綱&日程はこちら
    リードアセッサー(intacs 認定 Competent アセッサー、内部監査員)になり、Automotive SPICE に基づいたアセスメントや社内監査をリードできるようになりたいと考えている方に最適なトレーニングコースです。貴社にてプライベート開催も実施可能です。
  • Automotive
    SPICE 実装支援コース
    開催要綱&日程はこちら
    開発プロジェクトを指揮するリーダーや、プロジェクトメンバーとしてシステム開発、ソフトウェア開発を担当される方に求められる様々な技術、管理手法、プロセスを体系的に習得することが可能なトレーニングコースです。貴社にてプライベート開催も実施可能です。
  • ISO 26262
    機能安全実装支援コース
    開催要綱&日程はこちら
    車載ECUシステム開発(システム/ハードウェア/ソフトウェア)を担当するエンジニアが、これから ISO 26262 に対応した安全設計を実施して行くために必要な基礎知識の習得に有効なトレーニングコースです。貴社にてプライベート開催も実施可能です。
  • DO-178C(航空分野向け)
    実装支援コース
    開催要綱&日程はこちら
    DO-178Cへの準拠が要求されるソフトウェア製品開発プロジェクトを指揮するリーダーやプロセス改善メンバーが、新規にプロセス構築するため、または、既存プロセスをDO-178Cの目的を満たすように適合させるためのアプローチを習得することが可能なトレーニングコースです。貴社にてプライベート開催も実施可能です。
  • 品質マネジメントシステム
    実践支援コース
    開催要綱&日程はこちら
    品質マネジメントシステムを管理されている方が、IATF16949の要求事項に関する基礎知識の習得に有効なトレーニングコースです。