一般開催トレーニング
PUBLIC TRAINING
リードアセッサー育成支援コースの概要

リードアセッサー(intacs 認定 Competent アセッサー、内部監査員)になり、Automotive SPICE に基づいたアセスメントや社内監査をリードできるようになりたいと考えている方に最適なトレーニングコースです。貴社にてプライベート開催も実施可能です。

アセスメント手法トレーニング
アセッサーとしてアセスメントをどのように実施したら良いのか・・・
『アセスメント計画はどのように立てるの?』『インタビューを行う際に何を聞いたらいいの?』『コンソリデーションや評定の方法がわらない』というような方にアセスメントの基本的な要素である、以下の項目を演習をとおして学んでいただくコースです。
・全体をコーディネイトする計画の立て方
・インタビューを行うときのテクニック
・(アセスメントを実施する際)評定を行うときのテクニック

また、以下の内容についても扱います。
・能力レベル1:各プロセスにおける一貫性について
・能力レベル2&3:アセスメント時のポイント

※弊社アセッサーとの共同アセスメントをご希望される方は、本トレーニングのご受講が必須となります。

※リードアセッサー育成支援コースのトレーニング推奨受講順序(ロードマップ)は、こちらです。
  • 受付状況
    期 間
    時 間
    場 所
    お申し込み
  • 2020年03月09日〜03月11日
    東京・恵比寿
    お申し込み
  • 2019年11月27日〜11月29日
    東京・恵比寿
    締 切
費用
20万円(税別)/1名様、38万円(税別)/2名様

※3名様以上の場合はお問い合わせください。

詳細ページへ
アセスメント実習
参加者の方がご自身の職場で作成している実際の成果物を使用して、アセスメント実習を行います。インタビュー、報告書作成時の観点を実習をとおして体験することにより、知識を実践的に活用できるものにしていきます。
アセスメント実習の対象範囲は、MAN.3, SUP.1,8-10, SWE.1-6の能力レベル1を対象としております。
   
※アセスメント実習は、プライベート開催のみです。
   
※リードアセッサー育成支援コースのトレーニング推奨受講順序(ロードマップ)は、こちらです。
  • 受付状況
    期 間
    時 間
    場 所
    お申し込み
  • 2020年02月01日〜12月26日
    標準所要日数:6日間
    貴社ご指定の場所(オンサイトで実施)
    お申し込み
費用
お問い合わせください。
詳細ページへ
共同アセスメント
貴社内で開発中のプロジェクトやサプライヤーを対象に、Automotive SPICEに基づいたアセスメントを弊社のリードアセッサーとともに実施します。
 
※共同アセスメントは、プライベート開催のみです。
 
※リードアセッサー育成支援コースのトレーニング推奨受講順序(ロードマップ)は、こちらです。
  • 受付状況
    期 間
    時 間
    場 所
    お申し込み
  • 2020年02月01日〜12月26日
    標準所要日数:8日間
    貴社ご指定の場所(オンサイトで実施)
    お申し込み
費用
お問い合わせください。
詳細ページへ
  • intacs 認定
    アセッサー育成支援コース
    開催要綱&日程はこちら
    Automotive SPICE に基づくプロセス改善活動や、ISO 26262 対応の一環で安全文化の構築および定着化を推進する方が、業界標準となる知識の習得を目指すと共に、認定アセッサーとして社内外で活動するために有効なトレーニングコースです。貴社にてプライベート開催も実施可能です。
  • リードアセッサー
    育成支援コース
    開催要綱&日程はこちら
    リードアセッサー(intacs 認定 Competent アセッサー、内部監査員)になり、Automotive SPICE に基づいたアセスメントや社内監査をリードできるようになりたいと考えている方に最適なトレーニングコースです。貴社にてプライベート開催も実施可能です。
  • Automotive
    SPICE 実装支援コース
    開催要綱&日程はこちら
    開発プロジェクトを指揮するリーダーや、プロジェクトメンバーとしてシステム開発、ソフトウェア開発を担当される方に求められる様々な技術、管理手法、プロセスを体系的に習得することが可能なトレーニングコースです。貴社にてプライベート開催も実施可能です。
  • ISO 26262
    機能安全実装支援コース
    開催要綱&日程はこちら
    車載ECUシステム開発(システム/ハードウェア/ソフトウェア)を担当するエンジニアが、これから ISO 26262 に対応した安全設計を実施して行くために必要な基礎知識の習得に有効なトレーニングコースです。貴社にてプライベート開催も実施可能です。
  • DO-178C(航空分野向け)
    実装支援コース
    開催要綱&日程はこちら
    DO-178Cへの準拠が要求されるソフトウェア製品開発プロジェクトを指揮するリーダーやプロセス改善メンバーが、新規にプロセス構築するため、または、既存プロセスをDO-178Cの目的を満たすように適合させるためのアプローチを習得することが可能なトレーニングコースです。貴社にてプライベート開催も実施可能です。
  • 品質マネジメントシステム
    実践支援コース
    開催要綱&日程はこちら
    品質マネジメントシステムを管理されている方が、IATF16949の要求事項に関する基礎知識の習得に有効なトレーニングコースです。