国内外サプライヤの管理を上⼿くできるようにしたい
SERVICE CASES

発注側が主導的且つより円滑に製品開発を⾏うために、国内外のサプライヤを管理するための仕組みを構築したい。技術的要件だけでなく、管理要件・法的要件を明確にし、サプライヤ選定から評価、受け⼊れまでを包含した仕組みを運営することで、QCDの向上を図りたい。

概要

・発注側が、製品開発に適した国内外のサプライヤーを選択し、サプライヤーとの共同活動を円滑に⾏うために、経験豊富なコンサルタントを中⼼とした弊社のメンバーが【サプライヤー能⼒判定⇒契約締結⇒製品の受け⼊れ】までのサプライヤー管理システムの構築から運営まで全体をご⽀援いたします。

サービスが当てはまる状況

・サプライヤーを管理する仕組みを体系的に構築したい場合
・国内外サプライヤーとの契約を円滑に⾏いたい場合
・サプライヤーを管理する⼈材が不⾜している場合

サービスの効果

・貴社にあったサプライヤー管理システムを作成できます。
・サプライヤーとの円滑なコミュニケーションの仕組みを構築できます。
・⼈材不⾜によるサプライヤーへの管理不⾜を解消できます。

お問い合わせはこちら