一般的な工学知識を深めつつ、具体的な解決策を立案する
SERVICE CASES

これまで、ISO9000シリーズやAutomotive SPICEに基づく改善活動は推進してきた。⼀⽅で、受注量の増加に伴い、特定の製品開発の品質が低下し、組織の重要課題として早急に対処する必要がある。問題の原因分析から対処策の実践までを⾏うタスクフォースを編成したい。

概要

・弊社プロフェッショナルが、課題解決の具体策を貴社のメンバと共同で⽴案します。
・ワークショップ形式を適⽤することで、貴社のメンバに対するトレーニングと解決案の検討をセットでご提供しています。

本サービスの特徴

・知識提供するトレーニングとは異なり、貴社固有の課題解決を⾏うことを⽬的としています。
・課題要因を、貴社メンバへのヒアリングやディスカッション等から特定し、貴社にとって最適な解決策を共同で導き出し、評価します。
・弊社プロフェッショナルが持つ、⼀般的な⼯学知識・豊富な経験と、貴社の⽂化・製品特性との相互作⽤によって、固有課題に直接効くソリューションを構築します。

ワークショップの⼀般的な流れ

ソフトウェアアーキテクチャの⾒直しと開発プロセスの再構築

・既存成果物の調査と開発担当者へのインタビュー
・ソフトウェアアーキテクチャの設計とエレメント抽象度の定義
・ソフトウェア開発プロセスの最適化
・プロセス資産類の整備

モデルベース開発プロセスの構築

・既存成果物の調査と開発担当者へのインタビュー
・モデルベース開発を意識したソフトウェアアーキテクチャの検討
・ツール活⽤を含むソフトウェア開発プロセスの構築
・プロセス資産類の整備

複数プロジェクトの統合管理プロセスの構築

・既存の管理帳票類の調査と開発現場へのインタビュー
・現状の作業フローの可視化
・統合管理を実現する作業フローと管理メカニズムの構築

お問い合わせはこちら