要求事項と、現状の開発状況とのギャップを見つける
SERVICE CASES

海外市場の維持・拡⼤が事業⽅針として挙げられている。そんな中、これまで取引のあった海外OEMから、サプライヤの能⼒評価を⾏うためにアセスメントを⾏いたいとの要求があった。Automotive SPICEやISO 26262に対応したプロセスを構築するだけでなく、実際のプロジェクトの成果物も整備が必要になってきた。

解決策

概要

・OEMからの要求に基づくAutomotive SPICE能⼒レベルの達成などを、改善計画の⽴案からパイロットプロジェクトへの導⼊サポートまでを、アジア地域における最も豊富な経験を保有している弊社のプロフェッショナルが、国内外においてワンストップでご⽀援しています。

ギャップ分析の特徴

・OEM(特に海外OEM)の要求である”Automotive SPICE”や”ISO26262”などのプロセスとのギャップ分析を⾏います。
・主にインタビュー形式で現状の開発状況の聞き取りを⾏い、プロジェクトの実際の作業成果物の内容を確認することで、開発プロセスの診断をします。
・ギャップ分析の対象プロセス等については要望に応じ、柔軟に対応します。

ギャップ分析実施時の流れ

標準的なスケジュール

・対象プロセス︓16プロセス(VDAが推奨するプロセス)
・対象レベル︓能⼒レベル1

お問い合わせはこちら