Automotive SPICEと、現状の開発状況とのギャップを見つける
SERVICE CASES

昨今、複数の顧客からプロセス改善の要求を受け始めている。組織として、標準プロセスの構築やAutomotive SPICEのレベル達成に取り組む必要があるが、今後のことも考慮し、その場しのぎの対応ではなく、組織内の改善活動を推進する部隊を組織化し、継続的改善を⾏える⽂化を醸成し、事業拡⼤に繋げたい。

解決策

概要

・OEMからの要求に基づくAutomotive SPICE能⼒レベルの達成などを、改善計画の⽴案からパイロットプロジェクトへの導⼊サポートまでを、アジア地域における最も豊富な経験を保有している弊社のプロフェッショナルが、国内外においてワンストップでご⽀援しています。

ギャップ分析の特徴

・OEM(特に海外OEM)の要求であるAutomotive SPICEプロセスに基づき、ギャップ分析を⾏います。
・主にインタビュー形式で現状の開発状況の聞き取りを⾏い、プロジェクトの実際の作業成果物の内容を確認することで、開発プロセスの診断をします。
・ギャップ分析の対象プロセス等については要望に応じ、柔軟に対応します。

ギャップ分析実施時の流れ

標準的なスケジュール

・対象プロセス︓16プロセス(VDAが推奨するプロセス)
・対象レベル︓能⼒レベル1

お問い合わせはこちら