製品に合った開発手法を取り入れたい
SERVICE CASES
概要

過去に開発した製品を利用し異なる仕向に対する製品開発、複数の利害関係者からの要求を満たしながら製品開発する方法など、製品の特性に合った開発手法が導入できていない。

一覧
お問い合わせはこちら