一般開催トレーニング
PUBLIC TRAINING
ISO 26262 機能安全実装支援コースの概要

車載ECUシステム開発(システム/ハードウェア/ソフトウェア)を担当するエンジニアが、これから ISO 26262 に対応した安全設計を実施して行くために必要な基礎知識の習得に有効なトレーニングコースです。

【無償】自動車業界向け機能安全セミナー~国際規格とプラットフォームを用いて開発の変化に対応~
近年の自動車開発では、ADAS(先進運転支援システム)やADS(自動走行システム)の要素は、避けて通れないものとなっています。自動車技術の複雑化・電動化が加速しており、開発の効率化、品質・信頼性向上の活動に加えて、システムの安全性の確保が非常に重要となっています。


そこで、2nd Edition改定を目前にした機能安全規格ISO26262、自動車業界標準のソフトウェア開発プロセスのフレームワークであるAutomotive SPICEの最新の情報、さらに、複雑なシステム開発を成功させるためのモデルベース開発、認証に必要なデータ管理を実現するインフラ・ソリューションのご紹介セミナーを開催致します。


本セミナーでは、機能安全認証機関SGS-TUV(SGSテュフ)をグループに持つ検査登録機関のSGSジャパン株式会社、開発を成功に導くインフラ・ソリューションを提供するダッソー・システムズ株式会社、Automotive SPICEの国際アセッサー認定機構の設立メンバーであるビジネスキューブ&パートナーズ株式会社の3社が講演いたします。


また、機能安全対応、開発・データ管理インフラ・ソリューション検討、AutomotiveSPICE対応でお困りのお客様に対して、各分野の専門家が、セミナーと並行して相談会を開催いたします。

  • 受付状況
    期 間
    時 間
    場 所
    お申し込み
  • 2018年07月10日
    愛知・名古屋
    締 切
費用
無料
詳細ページへ
【無償】相談会
セミナー講演3社は異なる立場で、機能安全対応、Automotive SPICE対応をご支援できます。


その利点を生かし、3社からの専門家がお客様の悩みをお聞きいたします。限られた時間ではございますが、お気軽にご相談ください。


ご希望のご相談内容を備考欄にご記入ください。

  • 受付状況
    期 間
    時 間
    場 所
    お申し込み
  • 2018年07月10日
    13:40~14:00
    愛知・名古屋
    締 切
  • 2018年07月10日
    14:05~14:25
    愛知・名古屋
    締 切
  • 2018年07月10日
    14:30~14:50
    愛知・名古屋
    締 切
  • 2018年07月10日
    14:55~15:15
    愛知・名古屋
    締 切
  • 2018年07月10日
    15:20~15:40
    愛知・名古屋
    締 切
  • 2018年07月10日
    15:45~16:05
    愛知・名古屋
    締 切
  • 2018年07月10日
    16:10~16:30
    愛知・名古屋
    締 切
  • 2018年07月10日
    上記以外のご希望時間を備考欄にご記入ください
    愛知・名古屋
    締 切
費用
無料
詳細ページへ
機能安全概論トレーニング~ISO 26262 の全体像~
機能安全対応のために必要となる ISO 26262 に関する基礎知識を始めとして、「具体的にどの 章のどの部分の要求事項が自社に関係するのか」、「なぜそのような対応が必要になるのか」、また「どのような分析が必要になるのか」という点を理解していただけるように、ハザード分析の演習も含めて解説します。
  • 受付状況
    期 間
    時 間
    場 所
    お申し込み
  • 2016年03月14日
    東京・恵比寿
    締 切
  • 2016年02月08日
    東京・恵比寿
    締 切
費用
35,000円(税別、1名様)※3名様以上の同時参加の場合にはボリュームディスカウント
詳細ページへ
機能安全プロセストレーニング~ソフトウェア編~
ISO 26262 Part6で規定されているソフトウェア開発関連活動に対する概略や、活動実施のための手法、技法等を解説します。ISO 26262に適合したソフトウェアをどのように開発したらよいかを把握したい方に、最適な内容です。
  • 受付状況
    期 間
    時 間
    場 所
    お申し込み
  • 2016年03月15日
    東京・恵比寿
    締 切
  • 2016年02月09日
    東京・恵比寿
    締 切
費用
35,000円(税別、1名様)※3名様以上の同時参加の場合にはボリュームディスカウント
詳細ページへ
セーフティコンセプトトレーニング~ソフトウェア編~
安全な製品を開発するためには、どのように安全を確保するかということを明確にしなければなりません。「ものは壊れる」「人のミスによって不具合が混入する」ことを想定し、まず最初に明確なセーフティコンセプトとして対策を定義する必要があります。本トレーニングでは、ISO 26262 Part3、Part6 を中心として機能安全に関する活動を実行する際に基盤となる重要事項を解説します。
  • 受付状況
    期 間
    時 間
    場 所
    お申し込み
  • 2016年03月28日
    東京・恵比寿
    締 切
  • 2016年02月22日
    東京・恵比寿
    締 切
費用
35,000円(税別、1名様)※3名様以上の同時参加の場合にはボリュームディスカウント
詳細ページへ
設計技法トレーニング~ソフトウェア編~
ISO 26262では、製品開発に対する様々な技法/手法が、そのASILのレベルに応じて要求されてますが、本来の目的を達成するためには、開発対象のソフトウェアや上位システム、開発組織の特性に合わせた最適な技法、手法の適用が必要となります。そこで、ISO 26262 Part6で要求される技法/手法を体系的に解説します。
  • 受付状況
    期 間
    時 間
    場 所
    お申し込み
  • 2016年03月29日
    東京・恵比寿
    締 切
  • 2016年02月23日
    東京・恵比寿
    締 切
費用
35,000円(税別、1名様)※3名様以上の同時参加の場合にはボリュームディスカウント
詳細ページへ
ISO 26262 機能安全実践トレーニング【演習付き】
ISO 26262に対応した電子回路設計を行うに当たって、「回路構成が複雑になってしまう。コストが高くなってしまう」という声をよく耳に
します。そのようなケースを確認すると、ベースモデルに対して安全機能を「後付け」したことで、回路全体を複雑化させてしまっている事例を多く見かけます。
本トレーニングでは、安全工学の基本原理に基づいてハードウェアアーキテクチャを再検討することで、機能性、安全性を損なうことなく、回路構成を単純化し、コストを低減させる方法をいくつかの実現例に基づいて解説いたします。
  • 受付状況
    期 間
    時 間
    場 所
    お申し込み
  • 2016年07月01日
    東京・恵比寿
    締 切
費用
35,000円(税別、1名様)※3名様以上で一括お申し込みの場合はボリュームディスカウントがあります
詳細ページへ
  • intacs 認定
    アセッサー育成支援コース
    開催要綱&日程はこちら
    Automotive SPICE に基づくプロセス改善活動や、ISO 26262 対応の一環で安全文化の構築および定着化を推進する方が、業界標準となる知識の習得を目指すと共に、認定アセッサーとして社内外で活動するために有効なトレーニングコースです。
  • リードアセッサー
    育成支援コース
    開催要綱&日程はこちら
    intacs 認定 Competent アセッサー(=リードアセッサー)になり、Automotive SPICE に基づいたアセスメントをリードできるようになりたいと考えている方に最適なトレーニングコースです。
  • ISO 26262
    機能安全実装支援コース
    開催要綱&日程はこちら
    車載ECUシステム開発(システム/ハードウェア/ソフトウェア)を担当するエンジニアが、これから ISO 26262 に対応した安全設計を実施して行くために必要な基礎知識の習得に有効なトレーニングコースです。
  • Automotive
    SPICE 実装支援コース
    開催要綱&日程はこちら
    開発プロジェクトを指揮するリーダーや、プロジェクトメンバーとしてシステム開発、ソフトウェア開発を担当される方に求められる様々な技術、管理手法、プロセスを体系的に習得することが可能なトレーニングコースです。